ゲストさん | ログイン | 予約カート情報
>詳細画面

蔵書検索(詳細)

書誌情報



国立国会図書館サーチ
カーリル







上のリンクは外部サイトに遷移します。
書  名 グループサウンズ文化論 なぜビートルズになれなかったのか 
シリーズ名
著者名  稲増 龍夫 著
出版者  中央公論新社
出版年  2017
ページ数 221p サイズ  20cm 価 格  1600
件 名  流行歌-歴史
ISBN 978-4-12-005032-9
内容注記 グループサウンズはなぜビートルズになれなかったのか?  タイガースが見た「時代の景色」 岸部 一徳/述  全てはGSから始まった 宇崎 竜童/述  「再発見」されて甦ったB級GS 近田 春夫/述  タイガースの楽曲が画期的だった理由 すぎやま こういち/述  ジュリーとバラの刺繡 コシノ ジュンコ/述  新しいビジネスモデルの登場 亀渕 昭信/述  女の子の歓声は新しいエネルギーだった 湯川 れい子/述  マネジメントの側から 堀 威夫/述  カウンターカルチャーとしてのGS 四方田 犬彦/述  初期のGSは“ロックそのもの”だった 佐藤 良明/述  学生運動が“ポップ”だった頃 亀和田 武/述  GSに主体性はあったのか? きたやま おさむ/述  GSの精神とサブカルチャー 宮沢 章夫/述  「渋谷系」とGSの間には 小西 康陽/述  あらためて「グループサウンズの時代」を総括する  
内容紹介 1960年代後半に大ブームを起こしたグループサウンズとは何だったのか。渦中にいた関係者との対話を通して、グループサウンズの歴史的再評価に挑む。宮沢章夫、小西康陽との対談も収録。『中央公論』掲載に加筆し書籍化。  
著者紹介 1952年東京都生まれ。東京大学大学院社会学研究科社会心理学専攻修士課程修了。法政大学社会学部教授。専門はメディア文化論。著書に「パンドラのメディア」など。  


資料所在情報

No メッセージ 請求番号
1(11743774)大橋 :「芸術・ことば」の棚にあります。分類番号は767.8イです。767.8イ

所蔵数 1   在庫数 1

         

この資料は、予約できます。



このページのトップに戻る



〒350-2223 鶴ヶ島市高倉1247-1 tel:049-271-3001 fax:049-271-0121


Copyright(C) Tsurugashima Public Library. All rights reserved.