ゲストさん | ログイン | 予約カート情報
>詳細画面

蔵書検索(詳細)

書誌情報



国立国会図書館サーチ
カーリル







上のリンクは外部サイトに遷移します。
書  名 エンターテインメントという薬 光を失う少年にゲームクリエイターが届けたもの 
シリーズ名
著者名  松山 洋 著
出版者  Gzブレイン
出版年  2017
ページ数 128p サイズ  21cm 価 格  1500
件 名  ゲーム産業  視覚障害-闘病記  失明
ISBN 978-4-04-733290-4
内容注記
内容紹介 病のため3週間後に視力を失う少年は、残された時間で「あのゲームの続きが遊びたい」と言った。2006年にゲーム業界の片隅で起きた小さな奇跡の物語を、当事者であるサイバーコネクトツー松山洋代表取締役が記す。  
著者紹介 1970年生まれ。株式会社サイバーコネクトツー代表取締役/ディレクター。ゲームソフトの企画・開発を行う。著書に「熱狂する現場の作り方」がある。  


資料所在情報

No メッセージ 請求番号
1(11743403)中央 :貸し出されています。916マ

所蔵数 1   予約数 0

         

この資料は、予約できます。



このページのトップに戻る



〒350-2223 鶴ヶ島市高倉1247-1 tel:049-271-3001 fax:049-271-0121


Copyright(C) Tsurugashima Public Library. All rights reserved.